Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

お客様のご感想 

【ご感想】せめて20代後半のうちに診断しておきたかったなぁ

パーソナルカラー診断 京都

先日はお世話になり、誠にありがとうございました。
診断書、早速拝見いたしました。

診断時も沢山アドバイスいただきましたのに、

更に内容満載となっていて、とても感動いたしました!

アドバイスいただいたフレグランスは、

実は以前の職場でお世話になっていた先輩が使っていたもので、いい香りだなといつも思っていたんです。

ですので、びっくりしました。

あれから5年以上経ち、

当時の先輩の年齢と同じ年頃にもなりました。

ですので、私も憧れの先輩に倣って、あの香りを纏ってみようかなと思います。

それにしても、実際に診断していただいて思うことは、やはりプロは違うんだなぁという事です。

私自身もそうですが、実は家族や友人、恋人でさえも、私に似合う色は「ふんわりとした、黄味系の明るく淡い色」「アクセサリーはゴールド系一択」と認識していました。

ですので、3年程前に明るめの茶髪から黒髪→地毛に戻してから、ふんわりとした雰囲気が無くなってしまった・可愛くなくなったと、おばさん扱いされていました苦笑。

悲しい話、国内外問わずの話でしたので、

帰国翌日にプロに一度見ていただきたいと思ったのです。

そこで今回伺ったのですが、

パーソナルカラーを見ていただいて、今まで着ていた黄味系の明るい服は似合わず、まさかの濃い暗い系の色が似合うのだと診断していただき、これには大変驚きました。

時差ボケでボーッとした表情下で、実は相当びっくりしていたんですよ笑。

「じゃあ、今までの私って…」と。

きっと、オータムだとは思っていたのですが、その中の淡い色が似合うと思い込んでいただけに、ショックも強かったのです。

ですが、

今回診断いただいた似合う色の服や口紅を早速購入して装ってみたところ、これがなかなかに評判が良かったのです。

それに、私も似合うと診断していただいた色を見たり身につけると、どこか気持ちが落ち着く自分がいることを発見しました。

いただいた診断書内の画像を見ても、

やはり濃い色が似合っていていることを再確認できました。

思い込みって恐ろしいですね、本当に。

…それにしても、もう少し前に…

せめて20代後半のうちに診断しておきたかったなぁとつくづく思います。

あの三週間に一度のヘアカラー&トリートメントの美容院代と淡い色限定のファッションで揃えた衣服費。

これを頭に浮かべるととっても口惜しいです苦笑

ともあれ、今この年齢でも似合うものをしっかり把握できた事は本当にありがたい事です。

今後は、20代の頃のように好感度目線のオシャレに傾倒するのではなく、自分らしさを活かしたスタイルを確立していきたいなと思います。

長々と失礼いたしました。
改めて、とても沢山アドバイスいただき、心より感謝いたします。

また、いつの日かお目に掛かる事を楽しみにしております。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >【ご感想】せめて20代後半のうちに診断しておきたかったなぁ