Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

パーソナルカラー 

パーソナルカラーがわかり難い方

パーソナルカラー診断 京都

当方でのパーソナルカラー診断が2回目、3回目という方は時々いらっしゃいますが、そういう皆さんは大抵

強いブレンドタイプで、特にパーソナルカラーがわかりにくい方

※強いブレンドタイプというのは、カラータイプが特定しにくいくらいに二つのタイプが同じくらい強く出ているタイプの方。

今回のお客様もそういったタイプの方でした。

「他所で一度ウィンターと診断されたのですが、どうもしっくりこなくて 似合う色の活用の仕方を教えて欲しいと思い、予約をいれさせていただきました」

というお客様。

こういう場合は、通常よりも注意深く診断します。
場合によっては、スプリングやサマーの特定の色も当てて検証につぐ検証です。

結果はオータムタイプでした。

ウィンタータイプもオータムタイプも同じ濃いめの色が似合うのですが、この二つには大きな隔たりがあります。

そう、

シルバーが似合うのか。ゴールドが似合うのか。

要するに、銀か金か。
アクセサリーで悩みますよね。
メイクのラメでも悩みます。

最初の目視のときに、オータムではないかと予想はしていましたが、ウィンターの特定の色もとてもお似合いになっていらっしゃいました。

スプリングの濃いめの色の一部もOKでした。

最初に診断なさったカラーリストさんも、相当お悩みになられたことでしょう。
それ以上に、ご本人様がどれだけ困られたことか。

私たちカラーリストであれば、悩んでも自分たちが持っている知識で対応できますが
カラーリストでなければ難しいですよね。

最終的に、本当のカラータイプがオータムとわかり、とても似合う色であるベストカラーもハッキリしたことからお客様の似合う色に対する捉え方も整理されたようで、すっきりとした表情でいらっしゃいました。

そして、ご本人様が思っていらっしゃるよりも美人タイプであることも認識していただきました。

それをわかりにくくしていたのが、前髪の存在でした。

前髪は魔法のようなもので、同じ人をガラッと違う印象にする力があります。

オータムの深く神秘的な色を使って、メイクのプレゼンテーションを行い
どれほど似合い、そして美しく見えるかを体感していただきました。

ただ今回のお客様は、オータムであってもクスミのある色には弱い方でしたので、瞼がくすまないように特に注意をしていただく必要はあります。

一生に一回だけでよいパーソナルカラー診断です。
私たちカラーリストはお客様を戸惑わせないような、正確でわかりやすい診断を行っていくべきです。

そして、

魅力診断としてはお客様が元来お持ちの魅力を引き出し、第一印象だけでなく第二印象ともにご自身と整合性のある印象を提示する必要があります。

今回のお客様は特に診断が難しいパターンでした。

しかしプロである私たちは、正確に判断を下さなければなりません。

ちょっと身の引き締まる思いの案件でした。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >パーソナルカラーがわかり難い方